オスカー像とは

オスカー像とは

アカデミー賞のオスカー像「オスカー像」の名で知られる金色の像は、アカデミー賞の副賞として授与されるトロフィーのこと。台座の上に裸の男性が立っている、金色に輝く「オスカー像」は、テレビや雑誌などで一度は目にしたことがあると思います。また台座部分をよく見て下さい、オスカー像は、映画で用いられる「フィルムリール」の上に立っているのです。

このオスカー像は、第一回アカデミー賞では、「ブロンズ製」でしたが、数年後ブリタニウムという合金に変わりました。しかし、戦時中には原料の調達が難しいことなどから、一時期「石膏(せっこう)」のオスカー像となり、現在は、合金に金メッキを施したものとなっています。石膏でできた、オスカー像は、大変壊れやすかったため、戦後にはすべて回収され、金メッキのものと交換されたそうです、石膏のオスカー像は、壊れやすいということで、おもしろいエピソードがあります。1944年(第17回)に行われた、アカデミー賞、「Going My Way」(我が道を往く)で、助演男優賞を受賞したバリー・フィツジェラルド(Barry Fitzgerald)は、自宅でゴルフの練習をしていて、誤ってオスカーに命中し、割ってしまったそうです。

オスカー像のサイズは、高さ34.3センチ、重さは3.86キロあり、また最初に鋳造されてから、1945年に台座が高くなった以外、デザインは変更されていないそうです。 1928年から1945年までのオスカー像の台座には、ベルギーの黒大理石が用いられていましたが、現在は、金属が使用されています。

オスカー像の名称
正式名称:アカデミー・アワード・オブ・メリット
通   称:オスカー像
原料
合金(に金メッキ)
高さ
34.3センチ
重さ
3.86キロ