世界三大映画祭

世界三大映画祭

世界三大映画祭とは、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の長編映画祭のうち、歴史の長いもの3つ、「カンヌ国際映画祭」(フランス)、「ヴェネチア国際映画祭」(イタリア)、「ベルリン国際映画祭」(ドイツ)をいいます。

世界
三大映画祭
カンヌ国際映画祭
Festival International du Film de Cannes
通称「カンヌ映画祭」。
世界最大規模の国際映画祭。
フランス政府が1946年から開催をはじめた映画祭。
フランス南部の都市カンヌで、例年5月に開催される。
ヴェネチア国際映画祭
Mostra Internazionale d'Arte Cinematografica
国際映画祭としてはもっとも古い。
国際美術展であるヴェネチア・ビエンナーレの第18回(1932年)開催時の映画部門としてはじまった。
イタリアのヴェネチアで、例年8月下旬から9月初旬に開催される。
ベルリン国際映画祭
Internationale Filmfestspiele Berlin
1951年に映画史家・アルフレッド・バウアーが開催したのがはじまり。
1955年にFIAPFに公式認定。
別名、ベルリナーレ(Berlinale)とも呼ばれる。
ドイツのベルリンで、毎年2月に開催される。